歯科治療で綺麗な歯を作る~知っ得デンタル情報発信基地~

歯科

歯を取り戻す

白い歯

第二の永久歯

何らかの理由で歯を失ってしまった部分、また先天的に歯が生えていない部分などに、チタンなどの安全な金属でできた人工歯根を埋め込み、そこに義歯をかぶせるのがインプラントです。インプラントの技術は非常に高度なものであり、しかも人工歯根を埋め込める状態に持っていく時期・埋め込んだ後にあごの骨と癒着する時期・義歯装着という手順を踏むこととなり、全て終了するまでに半年から1年以上かかるとも言われるものです。本来であれば異物である金属を歯茎に埋め込むわけですから、そう簡単にいく施術ではないのは確かです。ただし、前述のとおり人工歯根に使用される金属は、人体になじみやすいチタンを主に使用しているため安全性は比較的高いものであることは間違いありません。ただし、歯茎にチタンの人口歯根を埋めるまでの準備期間や埋め込んでからの癒着期間を数ヵ月単位で待たなければならない上、この段階で必ずしも成功する施術ではないことを思えておかなければなりません。この期間中は新たな歯茎の組織を生成したり、傷口の治癒をしたりといった期間でもあり、喫煙や飲酒など血流に影響を及ぼす行為を常習している方はこの手術自体を断られてしまう場合もあります。歯科で通常の診療内容として普及してきたのはこの20年ほどです。ホワイトニング同様まだ新しい技術であり、これからさらに改良が加えられる余地が十分ある技術です。

インプラント治療は歯科治療の中でも技術力が必要となっているので、できるだけ実績や経歴が多い医師を選ぶことが大切です。