歯科治療で綺麗な歯を作る~知っ得デンタル情報発信基地~

歯科

白くする治療

歯磨き

歯の色素を分解

歯の黄ばみや汚れに関しては、なかなか自分で落とし切れるものではありません。どんなに歯を磨いてみても、もともとの歯の組織に着色してしまっている場合は意味がないですし、歯の表面にこびりついてしまった汚れも歯みがき程度ではどうにもなりません。少し前まではあきらめていた歯の汚れや変色も、ホワイトニングで改善することが可能です。こちらもインプラントと同じくまだ普及し始めてから間もない新しい技術ですが、今後どんどん需要も供給も、そして新たな技術も増えていくことが予想されます。ホワイトニングは、過酸化水素を使用した薬剤で歯の着色を分解するという原理で行われます。と言っても歯の色素を溶解させるような作用ではなく、人体にも安全な化学反応を利用しているものです。過酸化水素が歯の内部で分解する際、色素物質の結合を解く作用があるのです。その結果、色素物質自体が減少し、歯を白くしていきます。歯科で行う方法では、過酸化水素の活性化を促進するために、ハロゲンやプラズマなどの光源を利用します。これは、美容外科で行う肌のホワイトニングの原理と同じです。

一般的に2種類

歯科で行なわれているホワイトニング治療は、一般的に2種類と言われています。ホームホワイトニングとオフィスホワイトニングです。ホームホワイトニングの場合、専用の器具を歯科で購入し、自宅でホワイトニング治療を進めていく方法です。それに対して、オフィスホワイトニングは、定期的に歯科へ通い、医師の治療によって歯を白くしていく方法です。それぞれで、メリットとデメリットがあるので、自分のライフスタイルに応じて使い分けると良いでしょう。