歯科治療で綺麗な歯を作る~知っ得デンタル情報発信基地~

歯科

歯を取り戻す

白い歯

歯を失った時には、これまでは入れ歯や差し歯などの歯科治療で対応していました。しかし近年ではインプラント治療で第二の永久歯を手に入れられるようになっているのです。インプラントは自分の歯のように使うことができます。

Read More...

白くする治療

歯磨き

タバコや食事によって歯は次第に黄ばんでいきます。喫煙者でなくとも、普段の手入れを怠ることによって歯は黄ばんでいくでしょう。こうした黄ばみも歯科治療のホワイトニングで改善していくことができます。

Read More...

費用面について知る

歯医者

インプラントやホワイトニング治療は、一般歯科治療とは違い保険適用外です。特にインプラントは高額の治療費がかかると言われています。しかし、昔に比べると費用も低価格になっているので、比較的治療は受けやすいものとなっています。

Read More...

治療を受ける

りんご

診療内容の拡大

歯科医院における診療内容は、一昔前は虫歯の治療や歯石の除去などといった一般歯科のみといったところの方が圧倒的多数であり、インプラントやホワイトニングなど技術を取り入れている歯科医はまだ少数でした。しかし近年は、インプラントやホワイトニングといった特殊な技術を用いた治療を行う歯科がどんどん増えています。これは、インプラントやホワイトニングの技術が日本で浸透するのに時間がかかったこと、また歯への美しさに対する国内での意識がここ近年でやっと高まってきたためでもあります。歯茎に直接人工歯根を埋め込むインプラントや、薬剤と光源を使って歯の色素に働きかけるホワイトニングの技術は、ここ20年前後で飛躍的に普及、進歩しました。しかし、これらの技術が普及する以前は、取り扱っている歯科は非常に特殊であり、また治療費も高価であったため、一般人に手が届く施術ではないという認識でした。それが近年、若者や高齢者が積極的に施術を受けられるようになり、より美しい歯を手に入れているのです。

歯への意識

今から考えると不思議な話ですが、今のようにインプラントやホワイトニングの技術が歯科医にも浸透していなかった時代には、一般的にも歯の美しさにはあまり関心を持たれていませんでした。正確には、歯は美しいに越したことはないのはわかっているけれど、その当時の技術ではどうしようもないというあきらめがそうさせていた部分も大きかったでしょう。しかし、時代は移り変わり、海外で開発されたインプラントやホワイトニングの技術が本格的に日本に取り入れられた1990年代、「人工で歯を埋め込める」「あきらめていた歯の色を白くできる」という希望が見えてきたこともあって、どんどん美しい歯への関心は高まっていったのです。