診療内容の拡大

歯科医院における診療内容は、一昔前は虫歯の治療や歯石の除去などといった一般歯科のみといったところの方が圧倒的多数であり、インプラントやホワイトニングなど技術を取り入れている歯科医はまだ少数でした。しかし近年は、インプラントやホワイトニングといった特殊な技術を用いた治療を行う歯科がどんどん増えています。

これは、インプラントやホワイトニングの技術が日本で浸透するのに時間がかかったこと、また歯への美しさに対する国内での意識がここ近年でやっと高まってきたためでもあります。歯茎に直接人工歯根を埋め込むインプラントや、薬剤と光源を使って歯の色素に働きかけるホワイトニングの技術は、ここ20年前後で飛躍的に普及、進歩しました。

しかし、これらの技術が普及する以前は、取り扱っている歯科は非常に特殊であり、また治療費も高価であったため、一般人に手が届く施術ではないという認識でした。それが近年、若者や高齢者が積極的に施術を受けられるようになり、より美しい歯を手に入れているのです。

現在の歯科医院において、インプラントやホワイトニングを診療内容に入れていない歯科の方が減少している傾向にあり、審美的な歯への施術に対する注目は医師の中にも一般にも高まっています。

Out Link

オーラルケアで顔の印象も変わるんです!『ホワイトガールプロジェクト』
インプラントの治療相談なら堺の歯科にお任せ/田中歯科医院

カテゴリー

  • カテゴリーなし

アーカイブ

Bookmarks